2018年6月7日
リグシー、ドキュサインとシステム連携を開始
電子署名のリーディングカンパニーであるドキュサインを
Holmesに追加機能として搭載しグローバル契約の締結に対応

契約書の作成から締結・管理までのワークプロセスを一元化し提供するクラウドサービス「Holmes」(ホームズ)を運営する株式会社リグシー(本社:東京都千代田区、代表取締役:笹原 健太、以下 リグシー)は、リグシーのサービスを電子署名とペーパレスソリューションの世界標準プラットフォームであるドキュサインと連携して提供することになりましたので、お知らせいたします。リグシーは、両社のシステムを連携し、ドキュサインが有する世界標準の電子署名サービスを「Holmes」の「契約締結」機能として追加搭載し、2018年夏に提供を開始する予定です。

リグシーは、「契約の全てを簡単に」をミッションに、2017年より「Holmes」の提供を開始し、これまで、一部上場企業から個人事業主まで幅広い企業様に活用頂いております。「Holmes」は、契約書の作成から締結・管理までのワークプロセスに特化したデジタルワークスペースであり、契約書の作成から締結までのコミュニケーションおよびプロセスをデジタル化しワンストップで提供するクラウドサービスです。締結済みの契約書はもちろん、契約書のドラフト、 作成中のコメント、社内承認の記録、関連資料、サマリーレポート等の情報がデジタル化されクラウド上に保存されているため、契約に関連した全ての情報に簡単にアクセスすることが可能です。

ドキュサインは、世界180ヶ国以上で37万社が導入し、2億人を超えるユーザーが活用する、電子署名とペーパレスソリューションの世界標準プラットフォームです。この度のドキュサインとのシステム連携により、「Holmes」のユーザーは、既存機能である「Holmes」の電子署名に加え、電子署名のグローバルリーダーであるドキュサインを「Holmes」の「契約締結」のプロセスにおける機能の一環として1通単位の課金形式で利用することが可能となります。ドキュサインの電子署名は、世界各国で普及している信用度の高いサービスであり、署名のプロセスで発生する締結依頼のメール等が多言語化に対応していることなどから、グローバルビジネスの契約締結をより効率的かつ安定的に進めることができます。

リグシーは、ドキュサインとのシステム連携を通じ、より効率的かつ安定的なグローバルビジネスの契約締結に必要なサービスを提供し、世界中の契約をシンプルかつ簡便にすべく努めます。また、「世の中から紛争裁判をなくす」という志のもと、契約に関する全てのコミュニケーションおよびワークプロセスのデジタル化、効率化に貢献してまいります。

【 追加搭載機能概要 】

機能名称:ドキュサイン for Holmes(仮)

提供開始日:2018年夏

機能詳細:

  • 「Holmes」上で契約締結をする際にドキュサインの電子署名の選択が可能
  • ドキュサインの電子署名を選択すると多言語化された締結依頼メールの自動配信が可能
  • 「Holmes」のユーザーはドキュサインとの直接契約せずにドキュサインの電子署名を利用可能

料金: 600円/通 (仮)(「Holmes」の月額利用料に課金)

【 ドキュサインについて 】

ドキュサイン(DocuSign®)は、世界180ヶ国 以 上 で37万社が導入し、2億人を超えるユーザーが活用する、電子署名とペーパレスソリューションの世界標準プラットフォームです。ドキュサインを使うことで、時間や場所、デバイスに関係なく、クラウドで文書を送信、署名、追跡、保存を可能とし、セキュアな環境の下、最後まで残っていた紙処理を一掃し、業務のペーパレス化を実現、デジタル・トランスフォーメーションをいっそう進めることができます。ドキュサインの詳細は、ウェブサイト(https://www.docusign.jp/)をご覧ください。ドキュサイン・ジャパン株式会社は、米DocuSign, Inc.の日本法人です。

全力で導入をサポート
私たちホームズはツールを提供して終わりではありません。
ホームズを使ったオペレーションの定着まで、私たちが責任をもってサポートいたします。
まずはお気軽にご相談ください。
Copyright © Holmes Inc. All Rights reserved.